読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BFLY 02

(開演前のお話から。

今回、すごく物販がスムーズでした。

あと個人的には、会いたかった人に会えて嬉しかったなあ。)

 

名古屋、日産1日目はアリーナ席、日産2日目はスタンドの2階でした。

日産スタジアムでは天井が開いているということもあり、開放感がすごかった。

PIXMOBという、いろんな色に光るブレスレットが配られます。

 

時間になると、カウントダウンが始まります。

このカウントダウンは、開演が迫るにつれて色や音が豪華になっていきます。

0になるとPIXMOBが点灯!スクリーンにBFLYの文字。

 

4人が登場、藤くんがレスポールを高く掲げます。

 

Hello,world!

昔のBUMPを彷彿させるロック。1曲目にふさわしい曲だなあと。

チャイムの音、祝福しているよう。秀ちゃんのドラムかっこいい。

途中のブランクが、会場の広さもあって反響が強いと感じた。

名古屋の時はその反響にびっくりしてしまったんだけど、

日産2日目の時はハッとするほど、時間が止まったかのようだった。

あんなに大きな会場でも、ブランクを活かせるのかあ…すごい。

 

パレード

モノクロの映像。日産では光らないラボボール。映像とリンクしているようだった。

この曲の同期音源、不気味さと美しさが混ざったような、不思議な感覚。

曲が終わった瞬間の反響も、広い会場ならでは。

この曲は余韻の残り方はスタジアムの広さに合っていた気がする。

 

K

歓喜。ずーーっとライブで聴いてみたいと思ってた曲。夢みたいだ…。

私は高校生の時にBUMPを好きになって、片っ端からCDを借りました。

ちょうど受験生の夏、ベスト盤が発売されて、

BUMPを好きになりたての私は非常に助かったんです。

昔の曲をCDという形で聴ける、その嬉しさたるや。

高校生なのでお金なんてなく、アルバム全部買うことは到底出来なかったのです。

ベスト盤をなんとか買って、そのおかげで夏休みを乗り切れたようなものです。

ベスト盤発売以前から『K』は大大大好きな曲でした。

人生初めて観たライブがベスト盤の時のQVCYouTube中継だった私は、

パソコンの画面越しにこの曲を聴き、不覚にも泣きました。

そして絶対にBUMPのライブに行くと決めたのです。

その時の私に、この景色を見せてあげたい。

「ちゃんと夢、叶ったよ」ありがとう。

初期のBUMPの大名曲ですよね。

 

MC

チャマがとにかく喋り倒すのです。ハグ。🍒の話。

「ボボボーイ ボーイズ&ガールズ」、皆に楽しんで行ってほしいからということで

リラックスと発声の練習。

Green Dayのライブを初めてヒロと観に行って、2人で手つないでたっていう話、

すごくかわいいなと笑

 

カルマ

かっこいい。聴けて良かった。

私がBUMP OF CHICKENというバンドを認識する前に聴いたことのある曲だった。

だからBUMPの曲を聴くようになって初めて、「えっ、この曲BUMPだったんだ!」

って思った記憶があります。

「ここにいるよ 確かに触れたよ」という歌詞替え。

BUMPのライブって、本当に「1つになる」ライブだなあと思う。

今回に関しては、 PIXMOBという形で全員があの空間を作るのに役割を持っていたってこと。それ以上にリスナーを思うバンドだからこそのあの空間。

BUMPならではの、優しさに満ち溢れた空間が大好きです。